さーたんの日々放浪記

犬と一緒に旅するブログ

青春18きっぷ2017夏 オススメ列車 5選

来月から青春18きっぷのシーズンですねー

一応ですが青春18きっぷとは何かをおさらい

 

青春18きっぷとは、春、夏、冬休み期間中に発売されるJR乗り放題の切符です。

今年も7月20日から利用できます。

ちなみに18歳でなくても利用可能です。

 

5回分セットで発売され、5人で1日使ったり、1人で5日使ったり、或いは3人で1日・2人で1日使ったりできます。 値段は¥11850で一回あたり¥2370で、遠くに行く場合かなり安くなります。

f:id:sartan:20170627201031j:image

青春18きっぷはこんな切符 画像はWikipediaより

 

ただ、いくつか制約があります。

それは、普通列車の普通席しか使えないということです。(例外もありますが…)

つまり、特急急行やグリーン車には乗れないのです。(最近普通列車の自由席グリーン車なら乗れるようになりました)

 

とはいえ、1日乗り放題ですから、東京から1回分2370円で九州に行くこともできます。

 

私は、毎年夏は青春18きっぷで旅行しています。

 

今回は青春18きっぷの2017年夏の個人的オススメ列車と、上手な活用法・裏ワザを紹介します。

 

まずは オススメ列車

 

1. ムーンライトながら

f:id:sartan:20170627202051j:image

ムーンライトながらなくして青春18きっぷは成り立たぬ!

ムーンライトながらは東京~名古屋~岐阜~大垣間を走る夜行列車です。

快速なので青春18きっぷで利用可能で、毎年壮絶な切符の取り合いが起きています。

下りは東京を23時過ぎに出て、名古屋に5時過ぎ、大垣に6時前に到着し、

上りは大垣を23時少し前に出発し、東京に5時ごろに到着します。

 時間的にちょうど良いダイヤになっています。

貨物列車の合間を縫って走るので、停車駅ごとに貨物列車に抜かされていきます。これがまた楽しい

 

ムーンライトながらのポイント

・全席指定席なので、早めに切符を確保しておく

・臨時列車なので運転日に注意

・乗車前に食糧飲料を確保すべし 途中下りは浜松でコンビニに行くこともできますが、ちょっと大変なのと、万が一乗り遅れると最悪です。 もちろん列車内に自販機はありません。

・大垣到着時に一斉にダッシュする人が多くいます(大垣ダッシュと呼ばれる) が、今は特に走っても得しないので、ゆっくり余裕を持って乗り換えましょう。

 

2. リゾートしらかみ

f:id:sartan:20170627203343j:image

リゾートしらかみは秋田~青森間を五能線経由で結ぶ観光列車です。1日最大3往復運転

いろんな雑誌やテレビで紹介されているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この列車、天気さえ良ければこんなに良い列車はありません。

能代駅ではバスケでシュートを決めたら記念品がもらえ、(確かポストカードだった)

五能線の車窓は海と奇岩の秀麗な景色で、

車内では津軽三味線津軽弁の物語など、5時間以上の乗車時間にも関わらず全く飽きません。

f:id:sartan:20170627210633j:image

車窓 冬だったので曇ってて波も荒いですが…

 

コンパートメントが取れればなお良いです。

 

リゾートしらかみのポイント

・コンパートメントをとるべし※たとえ2人でも

足が伸ばせて最高!! ただ相席になると最悪なので注意

・できれば天気のいい日に乗るべし

天気が悪いと景色が暗くてちょっと残念且つ、五能線は天気が悪いとよく運休になります!

実際、私が乗車した日は風が強く、途中最徐行したり、弘前で運転打ち切りになったりしました。

 

番外編.SLみなかみ

f:id:sartan:20170627211702j:image

これも有名 SLみなかみです。

高崎~水上間を走っており、日によってD51(デゴイチ)かC61が牽引

客車も、日によっては 旧型客車と呼ばれる茶色い客車が使われます。

旧型客車はドアも手で開け、車両によっては戦前製のものもあります。

 

夏から秋は特に多くの観光客、家族連れで賑わいます。

どっちかというと、秋の方が紅葉で綺麗です。夏もいいですけど…

 

SLみなかみは他でもたくさん載ってるのでこの程度にします。

 

●SLみなかみのポイント

・指定券も直前まで結構空いているので、ちょっと出かけるか ぐらいな時にちょうどいいです。

・秋もオススメ

 

3.飯田線

f:id:sartan:20170627232758j:image 

飯田線諏訪湖の程近く辰野から飯田を経て豊橋までを結ぶ路線です。

途中には秘境駅がいくつもあります。

その代表格が小和田駅です。

和田駅は長野、静岡、愛知の3県境の駅で、1日の利用客数なんと6人!

利用客も殆どが秘境駅マニアだそうだ。

 

ダム建設時に集落が水没したので誰も使わなくなり、駅へつながる道も廃道や一部崩落した山道しか無く、電車以外での訪問は難しい。

駅近くに廃車になったミゼットも放置してあることからダム水没前は車でも駅に来れたようだ。

 

なお、このような秘境駅をめぐる 急行 飯田線秘境駅号というのもありますが、青春18きっぷでは乗れないのでパス

https://response.jp/article/2017/05/24/295172.html

 

飯田線は全線乗り通そうとすると7時間かかるので、秘境駅に立ち寄りながら1日かけて乗るのがオススメです。

 

飯田線のポイント

秘境駅に立ち寄りながらゆっくり行こう

・食糧は多めに確保してから行こう

大きな駅でも近くにコンビニがない場合がある。

 

4.三江線

f:id:sartan:20170627235850j:image

 

三江線島根県江津から広島県三次を結ぶ路線です。三江線は2018年3月をもって廃止になります。

つまり今年が最後の夏です。

 

江の川に沿っているため、地図を見ると、かなり遠回りしています。

 

全通まで45年かかったという三江線も、全通時にはもう自動車の時代でした。

学生と老人を除き使う人はいなかった。

そんな悲運の路線です。

 

途中に宇都井駅という駅があります。

この駅は橋上駅で、天空の駅と呼ばれることもあります。

地上からホームまでの高さ日本一だ。

その宇都井駅も間もなく廃駅になる。

 

三江線は特に東京側からは非常に到達が困難で、基本的に前日に島根入り又は広島入りしなければならない。

だが、今年を逃すともう乗ることはできない。

 

是非訪れたい路線です。

 

三江線のポイント

・2018年3月で廃止になる。

・本数が極端に少ない。

・前日に現地入りしておこう。

・食糧は確保して行こう。

 

5.〇〇のはなし

f:id:sartan:20170703172428j:image

https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/05/page_10548.html

JR西日本がみすゞ潮彩に代わる観光列車「〇〇のはなし」を8/5から土日中心に運転します。

運転区間新下関〜東萩間

指定券520円を買うことで乗車できます。

まだ乗ったことは無いので詳しいことはわかりませんが、期待の新人です。

地元特産品の販売スペースや様々な「はなし」に出逢えるイベントスペースがあるようです。

 

 山陰本線の海は綺麗なので、京都から乗り通したりすると面白いかもしれません。

 

●〇〇のはなしのポイント

・8/5から運転開始

・海がきれい

・地元特産品の車内販売

長門市で降りて仙崎も寄ってみると良いかも

 

以上が、青春18きっぷで2017年夏の個人的オススメ列車・路線5選&番外編でした。

 

次回は、青春18きっぷ活用法、裏ワザについてです。