さーたんの日々放浪記

犬と一緒に旅するブログ

青春18きっぷの得ワザ・裏ワザ①

今回は青春18きっぷの得ワザ裏ワザです。3回ぐらいに分けて書こうと思います。

 

それにしても暑いですねー😵 33℃ってふざけてるんでしょうか?地球は

 

一つ目はこちら! 

青春18きっぷでも特急に乗れる区間がある!

 

青春18きっぷは周知の通り普通列車のみ利用可能です。

しかし、青春18きっぷだけで特急に乗れちゃう得な区間があります。

その区間とは…

 

新青森〜青森 (奥羽本線)

宮崎空港〜宮崎(宮崎空港線)

新夕張新得 (石勝線)

 

この3つです。この区間内のみの利用に限り、特例で特急の自由席利用が認められています。

気をつけて欲しいのが、一駅でもこの区間を出てしまうと全区間の料金を払わなければならないところです。あくまで、区間内相互発着でなければいけません。

 

青森~新青森間は、新幹線利用客が青森駅に行きたい時、奥羽線の本数が少ないので特急で一駅移動してもらおうというわけで、特急券無しでの特急利用が認められました。

 

少し前までは、白鳥など北海道へ行く特急列車も来て、一駅でもそれなりに旅情のようなものを感じられ面白かったのですが、北海道新幹線開業で皆消えてしまいました。

今は「つがる」という特急だけが走っています。

f:id:sartan:20170712223141j:image

新青森駅に停車中の特急 白鳥(廃止)

 

ちなみにこの区間は全席指定席の快速列車(リゾートしらかみ等)にも空席に乗ることができます。

 

宮崎~宮崎空港間も普通列車の本数が少ないので、青春18きっぷのみで「にちりん」「にちりんシーガイア」「ひゅうが」などの特急に乗ることができます。

 

新夕張新得間は他の2区間と違い、"そもそも特急列車しか走っていない区間" なんです。

なので、青春18きっぷのみで特急乗ることができます。

 

途中には、スキー場や、星野リゾートで有名なトマムがあります。まあ青春18きっぷを使う人がそんな贅沢なところには行きませんが…

 

この区間は40分もの間特急に乗れます。ずっと硬い椅子に座ってきたあとのリクライニングシートは極上です。 但し、1日7~8本しか走っていないのでご注意を!

 

 

東海道線静岡県内のロングシート地獄を快適に通過する方法

 

一度東海道青春18きっぷで旅したことがある方ならお分かりになると思いますが、静岡県区間はどの電車に乗ってもロングシート(山手線などにある線路と平行・横向きの座席)で非常に疲れます。

ボックスシートや新幹線のように進行方向向きの座席の方が、理屈はわからないが疲れない

 

そんな悩みを吹き払う列車があります

 

その名も「ホームライナー浜松3号」

 

この列車は特急用車両が使われているのでリクライニングシートで、停車駅も少ないのに、なんと普通列車扱いなので、乗車整理券(320円)を買えば乗ることができます。

f:id:sartan:20170712232049j:image

ホームライナー浜松号に使われる373系特急用電車※Wikipediaより転載

 

沼津を18時31分に出て、静岡を通り、終点の浜松に20時10分に到着しますが、

大事なのはその後、豊橋行きの普通列車に化けて、豊橋まで行くのです。(20時46分着)

市販の時刻表ではわかりませんので、知る人ぞ知るというかんじです。

豊橋からはほとんどが進行方向を向いた座席の電車です。座れないこともあったりしますが…

 

乗り継いで、名古屋には21時43分に到着できます。

米原まではその日のうちに着くことができます。

 

この列車に間に合うには東京を16時18分に出ればいいので、午後から名古屋に行きたい時には使えますが、正直時間が時間なのであまり使う機会がないです。

 

やはり自分はこの区間は夜行のムーンライトながらで通過することが多いです。

 

次回も裏ワザ・得ワザでいこうと思います。