さーたんの日々放浪記

犬と一緒に旅するブログ

青春18きっぷの得ワザ・裏ワザ③~1日分の限界~

久しぶりの投稿です。

もはや得ワザとか裏ワザとかではないような気がしますが、
青春18きっぷ1日分でどこまでいけるのか興味があったので時刻表で調べてみました
※当ブログでは特に注記がない限り東京(駅)を基準とします。


○まずは、西に向かって広島・九州方面です。

東京駅を4時55分に出て、
名古屋を11時に通過、
大阪には13時45分
岡山には16時半過ぎに通過し、
広島19時48分
本州の端、下関には23時50分に到着。

ここで終わり?と思いきや滑り込みセーフで小倉行き最終列車に乗り継ぎでき、
関門トンネルで九州上陸。
小倉まで行くことができます。(0:04着)

注)ただ、↑のプランは、小田原と下関で1分で乗り継ぎをしなければならず、時刻表を見る限り双方の接続が考慮されているようですが、多少の遅れだけで計画倒れになります。実際にやろうとしても成功確率は一割あるかないかでしょう。

ちなみに臨時の夜行列車「ムーンライトながら」を使うと、土曜休日であれば接続が良く
鹿児島本線八代 または、日豊本線佐伯まで行くことができます。
(この場合青春18きっぷ利用は小田原からとなりますが)


○四国方面

先ほどのプランで岡山に16時31分に到着します。
瀬戸大橋線で四国側の坂出には17時21分到着。

そのまま高松には17時37分に到着します。

瀬戸大橋線快速列車マリンライナー 前面展望が楽しめるパノラマグリーン席は青春18きっぷでは利用できない

徳島駅には21時07分
徳島県側は、県南部の牟岐まで行くことができます。

松山方面では、
松山に22時16分着
愛媛県予讃線新線の内子まで行くことができます。

高知方面は本数の少なさが災いして、大歩危阿波池田あたりまでしか行けません(高知までまだ遠い)


上越線日本海側経由で青森方面

上越線の乗り継ぎは非常にうまく行き、新潟には11時27分でつきます。

その後、羽越線で秋田方面へ向かいます。
秋田には18時19分に到着します。

ラストは奥羽線で青森まで!

青森には22時50分に到着します。


以上のことから分かるように、青春18きっぷ1日分で、ずっと列車に乗り続ける体力さえあれば、本州のほぼ全域に行けるということです。

ただ、私は青春18きっぷの魅力というのは、気が向いた駅で降りたり、寄り道しながらゆったり行くことにあると思っていますので、1日で九州上陸するとかいった使い方はオススメはしません。

ここ最近忙しいので今日はこれくらいにしておきます。
一応これで青春18きっぷ得ワザ・裏ワザシリーズを完結します。


オマケ:昨日夜に、アクセス数が一番多かった(というか6割を占めていた)、オススメ列車の記事を修正して更新したのですが(ほんの数文字)、それ以降アクセス数が、ガクンと減りました。
そんなに気にしてはいませんが、URLが変わった影響なんでしょうか?
興味深いです。研究してみようと思います。それではまた